「各種ご案内」のカテゴリー/重蔵山 養國寺

makitt


文字サイズの変更

 

 



前の画面に戻る

各種ご案内のカテゴリー


 


Feed (Atom0.3) フィード

前の画面に戻る

 

教空龍藝堯雲(きょうくうりゅうげいぎょううん)上人



≪法蔵寺/菩提院 開山≫

播州の人、貞治元年(1362)生まる。 幼くして同国五個荘、瀧口円福寺教神上人に師事し、顕密雙照内外の典籍に通ず。 錫を転じて円福寺五世善偉上人の弟子となる。

後小松天皇 至徳二年(1385)の春一夜、観音菩薩の瑞夢に感じ、師に願い出て円福寺の所化五十余人を率いて三州額田之郡山中郷に来たりて勅願道場出生寺を改め法蔵寺とし、浄土真宗(当時深草派こそが浄土の真の宗と言う意味のこの宗名を名乗る事を許されていました。)深草壇林を開設する。 法跡を弟子の暢光照雲に継承し自ら鉢地山麓に一宇を建立菩提院と称して此処に隠栖する。

「教空龍藝堯雲(きょうくうりゅうげいぎょううん)上人」 ≪詳細情報≫

[登録カテゴリー: 各種ご案内

 

閑叟乗玄(かんそうじょうげん)上人



閑叟乗玄(かんそうじょうげん)上人の画像1
≪養國寺 開山≫

上人は京師の人「龍藝上人」に師事し、圓福寺の学窓にありて研鑽し、学成り知徳共に高く、衆の推す所となりて版首に座し常に師に代わりて講授す。 師の龍藝上人が三河に移錫せらるるや隨い来たりて衆を督して四方に巡化す。

上人がこの地に化導せらるるや道俗群衆して其の化を受く、上人此処は有縁の地なりと錫を留めて当山(養國寺)を開き盛んに法釋を潤す。

「閑叟乗玄(かんそうじょうげん)上人」 ≪詳細情報≫