祥草庵(納骨堂)のご案内/愛知県西尾市寺津町 (旧三河国幡豆郡寺津村)/重蔵山 養國寺

makitt


文字サイズの変更

 

 


 

祥草庵(納骨堂)のご案内

前の画面に戻る


 

祥草庵とは...

 

養國寺 北向き観音さま 近影

差し込む柔らかな日差し・・・

芳しいお香の香り・・・

 

やさしいお顔の阿弥陀さまに守り見られながら、今は亡きおじいちゃん、おばあちゃん、またご先祖さまとの思い出を語らう安らかな時間...、

 

養國寺 「祥草庵」 とはそういった場所です。

 

祥草庵の名前の由来「祥草」(しょうそう)とは二千五百年前、お釈迦さまがインドで覚りをお開きになられたその時、その座の下にお敷きになられていた「草」のことです。

 

お釈迦さまはこの草の上で、いったい何を想ってらっしゃったのでしょうか...? それはきっと、「人々が安らかに生きる唯一つの正しい道」をお探しになってらっしゃったのに違いないでしょう。 人生とは慌しく、瞬く間に過ぎ去って行く時間の波に翻弄されています。だからこそ私たちにはやさしさに包まれた瞬間(とき)が大切です。

 

祥草庵

祥草庵

祥草庵本尊台座の銘文

平成の修理前、祥草庵本尊 阿弥陀如来さまの
台座部分に記されていた銘文です。


 

二千五百年の歴史の流れを超え、 お釈迦さまのそのかけがえのない御教えと、慈しみに満ち溢れた阿弥陀さまに見守られながら、永久に集い、安らかに眠る場所... 祥草庵とはそういった場所なのです。


書家 中野玉栄 氏 拝書

書家 中野玉栄 氏 拝書 

 

 

永代納骨

 

 

祥草庵(納骨堂)へのお申し込みには、特別な制約はございません。

どなたさまでもお申し込みいただけます。(但し、他宗派での典礼はお断り申し上げます。)

 

・永代堂内安置(納骨)一霊  一律 五万円

 

やさしい光に包まれた祥草庵

やさしい光に包まれた祥草庵 

 


 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area